第1景  

    四十島(しじゅうしま)  
     別名ターナー島

 松山市の高浜沖の南700mにある無人島
夏目漱石の「ぼっちゃん」の文面に「あの松を見たまえ、幹が真直で、上が傘のように開いてターナーの画にありそうだね」というのがあります。 「島」というよりは「岩礁」であり、明治のころは松で青々としていたようです。時を経て、松くい虫の被害で、松は、一時全滅しました。そこで、地元の元小学校教員らの奉仕活動によって復元させ、現在の姿になりました。
         第2景  

         松山城夜景
 
愛媛県松山市のシンボルの松山城の夜景です。数年前の2月、瀬戸風峠から、カメラ(フイルム)で、1秒間露出で撮影しました。松山城のライトアップ、デパ−トの観覧車(クルリン)、特に、繁華街の明かりがドーム状になって、まばゆい限りです。この明かりは、どれだけの電気エネルギ−を使用しているのだろうかと感じ、印象的な写真になりました。
          第3景
         平和通りの銀杏並木
松山城の北側の城北地区に東西に走る平和通りがあります。この通りの中央分離帯には、多くの銀杏が植えられています。若葉の時期
紅葉の時期など、美しい景色を見せてくれます。銀杏には、雌雄があります。雌木は、枝の角度が大きく広がっていて、雄木は、枝の角度は小さいので区別できます。この並木通りには、雌雄の木が交互に植えられています。落葉の時期の葉っぱや銀杏の実の清掃など、熱心に地域の人々が清掃されている姿をよく見かけます。
          第4景
         16日桜
 小泉八雲が孝行桜として紹介したことで、有名です。ある病床の父親が桜を見ずに死ぬには、心「残りというのでで、息子が祈願したとこと旧正月の16日に咲いたといういわれがあります。別名「イザヨイザクラ」いわれ、松山市御幸の龍穏寺、天徳寺などにあります。龍穏寺の桜は2月22日現在、咲き終わりの感じで、花が少し残っています・天徳寺の桜は。3月中旬に咲くそうです。 この桜を詠んだの俳句には
● うそのやうな十六日桜咲きにけり   正岡 子規
● 咲いて一輪ほんに一輪        種田山頭火
などがあります。
写真は龍穏寺のものです。
         第5景
         白石の鼻の夕日   
松山市高浜町6丁目の白石の鼻は、高浜港のフリー乗り場から、海岸を少し進み堀江湾のでぱっりに位置します。この白石の鼻では、春分・秋分のjころ、「三つ岩」いわれている花崗岩が積み重なった隙間から、沈む夕日が差し込むというめずらしい美しい現象がみられます。今、この現象に対して、白石の鼻巨石群調査委員会が作られ、自然のものか、人工のものかの、古代へのロマンをかきたて、研究がなされているところです。写真は秋分を少し過ぎたころ18時ごろ撮影しました。
         第6景
         北条鹿島
鹿島は、北条沖に浮かぶ、1周1.5kmの小さな島です。野生の鹿も生息していることで有名です。波の浸食でできた自然の芸術品の「石門」は、干満ごとに開閉します。  伊予の二見として知られています。