科学写真
 青色発光ダイオードの輝き    LEDの内部構造  色が変化するLEDの内部構造
 
水中ピンホールカメラで水中から水面の上部の天井を撮影

臨界角97°の円が確認できる。
上部はアルミサッシの窓
下部は、蛍光灯 
  
水槽を側面から撮影


水面で0123が反転し456が浮き上がっている様子、スペクトルも観察きる


  ROMメモリICの顕微鏡下で撮影

ICROM(2716)は、昔はよく使われていた2KバイトのメモリIC)で、畳の目のようなところが、1ビットに当たる

 
 
  立体写真  (左目用)        (右目用)
 
普段、写真を撮るとき、できたら2枚撮ることにしています。撮影方法は、まず、普通に撮ります。これを右目の、景色とします。次に、左目の景色を、左に目の間隔くらい水平に移動させ、撮影します。この2枚の写真を、コンピュ−タの画面か、プリントアウトしたものを左右に並べて、見つめると立体に見えます。コンピュ−タの画面の場合は、1mぐらい画面から離れ、じっと見つめて、3つの景色になれば、立体に見えます。少し、訓練がいります。どうしても、見えない人も30%ぐらいは、いると思います。 その他、、フリ−ソフトをダウンロ−ドして、作成します。赤と青のめがねを別に作る必要があります。このソフトがダンロードできるアドレスは、次のとおりです。http://www.stereoeye.jp/software/index.html

  


右目は青、左目は、赤の透明セロファンで、メガネを作り、上図を覗くと、立体に見ることができます。
 
夢吉君というロボットを作りました。まだ、製作途中ですが、簡単な動きはできます。
1年ぐらいをかけ、プログラムとハード面の研究をして、完璧なロボットに仕上げたいと思っています。
   腕立て伏せをしているところ    でんぐり返をしているところ
愛媛県松山市のシンボルの松山城の夜景です。数年前の2月、瀬戸風峠から、カメラ(フイルム)で、1秒間露出で撮影しました。松山城のライトアップ、デパ−トの観覧車(クルリン)、
特に、繁華街の明かりがドーム状になって、まばゆい限りです。この明かりは、どれだけの電気エネルギ−を使用しているのだろうかと感じ、印象的な写真になりました。後日、同じ景色で昼間の写真を撮り、比較したり、デジカメの解像度も大きくなったので、同じ場所で再度撮影し、フイルムのものと比較してみたいと考えています。
2012年5月21日松山地方では、金環日食は部分日食となりました。AM7時26分ごろが最大の食となりました。その瞬間の雲間から見えた部分食の姿で、デジカメで撮影しました。。 2012年6月6日松山地方では、金星が太陽面を通過する様子が観測されました。写真は双眼鏡を長方形の筒にセットして、投影する方法で撮影しました。