活動写真

 



工事中
科学の祭典(全国大会) 科学工作教室(小学校出前)  サイエンスショー  親子科学工作教室 少年少女発明クラブ 自費出版(自作理科実験装置への夢1) 自費出版(科学実験工作教室)

  
略歴

・ 昭和17年に大阪府で生まれましたが、1歳より、夏目漱石の小説「坊ちゃん」ゆかりの地・父の郷里愛媛県松山市に家族で帰り、中予を中心に生活をする。
・ 昭和23年松山市立番町小学校に入学・松山市立城東中学校・愛媛県立松山南高等学校を経て昭和39年愛媛大学を卒業する。
・ 昭和39年愛媛県の高等学校の教員となる。理科の物理・地学の教師として、三間高校・伊予農業高校・北条高校・松山北高校・伊予高校の5校で教鞭をとる。この間、愛媛県(総合)教育センタ−の理工室・情報教育室に7年間勤務をする。
・ 平成12年 日本科学技術振興事業団(現科学技術振興機構)のサイエンス・レンジャ−に任命にされ、現在にいたる。
・ 平成13年  青少年のための科学の祭典松山大会の事務局長となる。(10年間勤める)
・ 平成14年3月 愛媛県立高等学校を定年退職する。(38年間勤務)
・ 平成14年 私立新田高等学校に非常勤講師として勤務する。(2年間勤務)
・ 平成14年 愛媛県生涯学習推進講師(えひめマナビィ人材材データバンク)に任命される
・ 平成16年 私立新田高等学校(勤務2年間)
・ 平成16年、愛媛県体験型環境学習センタ−(えひめエコ・ハウス)(6年間)で退職する。
・ 平成16年 発明協会知的財産教育支援事業講師(3年間)
・ 平成18年 私立済美高等学校の非常勤講師(半年)
・ 平成18年 砥部町少年少女発明クラブ指導員となる。(現在10年目)
・ 平成19年 遊友学舎の科学実験工作教室の講師(現在8年目)
・ 平成19年 愛媛県総合科学博物館友の会理事となる(8年目)(現在は副会長)
・ 平成19年 小学校理科特別授業講師(6年間)
・ 平成23年 青少年のための科学の祭典松山大会の顧問となる。(5年目)
・ 平成23年 松山市おもしろ理科出前教室(5年目)
・ 平成25年 愛媛県体験型環境学習センタ−(えひめエコ・ハウス)のこどもエコクラブ(エコサイエンスクラブ)の講師として復職する。(3年目)
趣味

電子工作・教材教具の自作・おもちゃの製作・コンピュ−タ(主に制御)・電子部品収集・機械修理・旧コンピュ−タ収集・書道・囲碁

受賞歴
 (1)昭和53年11月 科学部の顧問として指導した研究題目「針穴写真機の研究」で愛媛県児童生徒理科研究作品が愛媛県知事賞を受賞する。
 (2)平成6年8月  全国理科研究大会で発表した研究「ストロ−笛の波動分析と教材化」に対し、日本理化学協会より理化学協会賞を受賞する。
 (3)平成10年4月   第2回サイエンス展示・実験ショ−アイディアコンテストにおいて、「コウモリさんの超音波」というアイディアの提言で、科学技術振興事業団より、科学技術振興事業団理事長賞を受賞する。
(4)平成10年8月    日本理化学協会総会において、平成10年度日本理化学協会教育功労者表彰を受賞する。
(5)平成13年3月 
  第32回東レ理科教育賞で「水面下の魚の見る景色の光学的解析化と教材化」という研究題目で佳作を受賞する。
(6)平成14年3年
    第50年全日本教職員発明展において、「火星の順行・逆行 モデル装置」という作品で日本弁理士会会長賞を受賞する。
(7)平成15年3月   第51年全日本教職員発明展において、「魚が見る景色の体験装置」という作品で、奨励賞を受賞する。
(8)平成17年3月   第53年全日本教職員発明展において、「光合成モデル装置」という作品で、入賞する。
(9)平成18年3月   第54年全日本教職員発明展において、「超音波コウモリロボット」という作品で、内閣総理大臣を受賞する。

著作物
● 平成14年12月 「自作理科実験装置への夢」を自費出版する。38年間の高等学校の理科教師として理科の実験装置の自作にかけた夢の足跡をまとめたものです。B4版 202P 木曜社
● 平成22年4月 「科学実験工作教室」を出版する。3年間遊友学舎で実施した科学実験工作教室の内容をまとめたものである。B4班 70P 木曜社